Myncworld

商品説明

製品詳細

主な機能について説明します。
 
Mync データシート

 

写真や映像を確認する、整理する。
プレビューできる形式も幅広く、シンプルで軽快な操作性です。

画像、映像、音声の多様な形式に対応する
最高のメディアプレイヤー。

Myncは、画像、映像、音声ファイルの幅広い形式に対応した最強のメディアプレイヤーです。ワークスペースは、自由にカスタマイズできます。サムネイル表示、詳細表示、プレビュー表示のON/OFFと用途に応じて、簡単に切り替えて、写真や映像を閲覧できます。まさに、皆様にとって最高のメディアプレイヤーとなるはずです。タッチパネル型のPCに対応していますので、迷うことなく直観的に操作ができます。

サムネイルとプレビューを同時に表示し、内容の確認も簡単にできます。もちろん、画像、映像、音声ファイルすべてに対応しています。

瞬時にフルスクリーン表示もできます。特に映像の確認時にはうれしい機能です。上部のサムネイルを選択することで、別のファイルをフルスクリーンのまま確認できます。

画像の詳細情報を3つ目のカラムに表示できるモードもあります。左から、サムネイル、プレビュー、ファイル詳細情報を同時に確認し、メタ情報の追加も可能です。

 

 

PCのハードディスからだけでなく、
デバイスからの取り込みにも対応しています。

PCに接続したスマートフォンやUSBメモリー、メモリーカード、カメラデバイスから素材を読み込むことができます。一度PCにコピーして、それからMyncに読み込むという面倒な作業は必要ありません。撮影後にカメラからMyncに読み込んでおけば、すぐに確認・整理ができますし、データのバックアップができるので安心です。

 

カタログ機能を用いて、素材の整理をします。

膨大な素材データのなかから、必要なファイルだけを探し出す作業は、とても時間がかかるものです。ローカルディスク上にあるものだけでなく、複数の外付けハードディスクに整理されたアーカイブのなかから目的の素材に素早くたどりつくために【カタログ】【スマートカタログ】機能をご利用ください。素材をより見つけやすくすることができます。

必要な素材ファイルを「動画」「静止画」「音楽」といった種別で分類するだけではないく、素材ファイルに含まれる「フレームサイズ」「フレームレート」「タグ」「評価」などから素早く分類することができます。これらを組み合わせたものを「スマートカタログ」として登録できます。

素材を1クリックで簡単にお気に入り素材に入れることができます。普段よく使う素材や、進行中のプロジェクトの必要な素材を簡単に選定するなど、自由にご利用いただけます。

【カタログ】は、ライブラリに読み込んだ素材をドラッグ&ドロップで自由に整理できます。お仕事のプロジェクトごとに、または旅行記などをまとめるのに便利です。

【スマートカタログ】は、検索条件によって絞り込まれた素材をグルーピングできる機能です。該当の素材があれば、自動的にスマートカタログは保存されます。

 

タグ情報を追加して検索機能を強化。
瞬時に必要な素材に到達できます。

Myncは、皆様のご利用用途に応じてカスタマイズができるようにしています。特に膨大な素材を扱うようであれば、各素材ファイルにタグ情報を任意に追加し、独自の検索キーワードで検索できるようにすることができます。何を撮ったか被写体をメモしたり、誰が撮ったのか担当カメラマン名を加えたり、自由にタグ情報を追加しておき、素材を見つけやすくしましょう。複数テイクの撮影をした場合にOKテイクや準OKテイクなどに★印の数で評価をつけておいたり、位置情報を含んだファイルの場合は、プロパティーペインのマップアイコンをクリックすることでGoogle マップでファイルが撮影された位置を確認することもできます。

 

グラスバレーだからできる
強力な映像管理機能

映像素材の管理なら、Myncだけあればいい。

Myncの映像プレビュー機能は、唯一無二。ほかのソフトウェアにはない強力な映像プレビュー機能を提供します。プロフェッショナル向け映像編集ソフトウェアEDIUSを開発するグラスバレーだからこそできるMyncの大きな特徴です。Webやスマートフォンなどで広く利用されるh.264形式はもちろん、プロフェッショナルの現場で用いられる多様な形式に対応しています。一般的には、映像編集ソフトウェアを立ち上げないと確認できないような映像ファイルも、MyncならXDCAM、P2、XAVC、XF-AVCをはじめ、多様な映像素材を一元的に管理。データ変換をせずネイティブデータでプレビューすることができます。

※詳しくは、マニュアルを参照。

動画ファイルから静止画を簡単に出力

動画の任意のフレームを素材の解像度を保ったまま静止画を書き出すことができます。

ストーリボード機能で複数の映像ファイルを使った
カット編集ができ、ムービーを作成できます。

ライブラリに登録した動画を新規のストーリーボードに入れて、使いたいところをドラッグで選択すれば完成です。直観的な操作で非常に簡単にオリジナル動画を作成することができます。もちろん動画・静止画を混在して編集できます。

作成したムービーを出力でき、Youtubeや
Vimeoにそのままアップロードすることもできます。

Mync Standardを使えば、完成したストーリーボードはムービーファイルとして、MP4(.mp4)形式でエクスポートできます。また、MyncからそのままFTPやYoutube、Vimeoにアップロードしてオンライン共有することができます。マルチアカウントに対応しているので、あらかじめ設定をしておけば、必要なアカウントを選択して、したいときにすぐにアップロードができます。

映像編集ソフトウェアへの連携

映像編集ソフトウェアの”EDIUS 9″に付属しているMync Standardを使用する場合は、EDIUS上からMyncの【カタログ】【スマートカタログ】【ストーリボード】をビンに登録できます。MyncとEDIUSは、相互にシームレスに連携することが可能です。こうした直接の連携だけでなく、Myncで作ったカタログをXMLファイルで書き出すこともできます。最初に必要な素材を集めたカタログを作ります。素材が増えてくると、必要な素材を探し出すのも大変ですが、タグ検索やレーティング評価、絞り込み検索をするスマートカタログを活用しましょう。素材をカメラの記録メディアやUSBメモリーから読み込んだ場合は、「取り込み履歴」に履歴が残っているので、そこから検索して見つけることも可能です。XMLファイルだけを書き出す「XML のエクスポート」と、カタログに登録した素材を1カ所にコピーした上でXMLファイルを作る「XML と素材のエクスポート」が選べます。

Basic版とStandard版を展開
今だけ、Basic版はダウンロード無料!

Myncは、個人ユーザーから幅広くご利用いただけるBasic版とプロの制作現場でも利用できる高機能なStandard版の2バージョンを用意しています。今ならBasic版は、無料でダウンロードが可能です。2019年5月末までの期間限定となりますので、皆様ぜひこの機会にMyncの使い心地を体感してください。

  • Basic版
  • Standard版
Basic版
Standard版